酵母細胞やヒト培養細胞内でオルガネラ間コンタクト部位を検出する手法の開発を開発し,これまで確認されていない組み合わせのオルガネラ間にもコンタクト部位を見いだした論文がScientific Reportsに掲載されました。山形大学田村研究室との共同研究です。

Y. Kakimoto, S. Tashiro, R. Kojima, Y. Morozumi, T. Endo, and Y. Tamura
Visualizing multiple inter-organelle contact sites using the organelle-targeted split-GFP system
Sci. Rep. 8, 6175 (2018) doi:10.1038/s41598-018-24466-0

2018年4月19日